フロリダ州で二人の娘を子育て中&ワーキングマムのだいありーです。10歳の娘はGifted。7歳の娘は自閉症。GiftedとASD、Special Educationの子育てに奮闘中!


by pixidust

カテゴリ:ヘイリー( 2 )

新学期早々、1年生になったヘイリーは、ベンチマークテストのほかに、毎週の算数とスペリングのテストなど
とても忙しそうです。

もう2回あったスペリングですと。5つの単語+3つのボーナス単語。
ちなみに最初のテストは、

into
find
car
lot
best

alphabet
August
rhyme

でした。最後の3つは、あくまでもエキストラポイント。
記憶力はいいヘイリーは、8問全問正解。
そして、2週目も全問正解でした。

しかし、算数の1分以内に答えると言うクイズ(ミニテスト)では、
1度目が正解率50%。落第点ではないですか!!

1+0=    2+0=
0+3=    3+0=
0+1=    0+2=
0+0=    1+0=
3+0=    2+0=

という、ヘイリーなら目を瞑っても出来そうな簡単な計算。
なんと、左の欄だけやって、右の欄は空白。
ABAで、早くプリントが終わったら裏にお絵かきしましょうと訓練したから
本人はやったつもりで裏にちゃんと落書きまでしてある(沈)
テストの紙の裏に書いた落書きは、

4+4=8  4+5=9  3+1=4 8-2=6
2X3=6

と、引き算や掛け算まで入っているし・・・・・・

先生の赤ペンのコメントは、「ヘイリーなら出来るって分かっているんだけど、これは時間を計ってするクイズだから」って。先生、始める前に、「右の欄と左の欄、両方やりましょう」って、
一言行ってくれれば出来ただろうに。
こういうことはこれから多いと思うので、次のIEPミーティングで言うつもり。
まあ、先生も分かっていると思うけど、最初の何週間はどこまで一人で出来るのか
様子を見ているのかもしれないと多めに見て、ガミガミ言うのは控えてます。
ちなみに、一応、IEPには、”Directions repeated and clarified”って、書いてあるんですけど・・・・

算数の宿題もほとんどは簡単でスイスイやってしまうのだけど、いざ文章題で、

「メリーちゃんは7枚クラッカーを持っていました。2つ食べました。さて、お皿にはクラッカーが何枚残っているでしょう?」

となると、答えは????分からないのです。それは単にちゃんと問題を読まないから。
適当に「7!」とか答えるのでたぶん、テストだったらバツ。
この凸凹さには相変わらず、悩まされますが、できない所を補っていってがんばりたいと思います。

コンセプトを学ばなければいけないサイエンスのテストは、前の日に何度も復習して、何とか80%の合格点を取ったよう。でも、「推定」とか、「情報収集」、さらには「予測」なんて単語が出てきて、こんなコンセプトを
どうやって教えればいいの??って感じです。
[PR]
by Pixidust | 2012-09-11 11:32 | ヘイリー

覚書

ILSの最初の40セッションが終わり、現在2週間の休憩中。

日々、小さなことだがいろいろな変化が見えているので、忘れないように書いておこう。

ここ1-2ヶ月での大きな変化といえば、美弥と遊ぶようになった、というか、遊ぼうと誘うようになった。
最初はお絵かきを一緒にしようと、美弥の分の紙も用意し美弥を呼んだ。
次は、ソファーに布団をかけて「クラブハウス」をつくり、一緒に入るように誘った。
最近は、裏庭のレンガの通路にチョークでお絵かきしようと美弥を誘った。
美弥が裏庭で遊ぶと、自分もと一緒に出て行くようになった。

学校では、ブレンダン君やマーシャにちょっかいを掛けられ、ほとんど嫌がるそうだが気が向けば一緒に遊ぶらしい。プレイグラウンドの端にある小高い所から、みんなで駆け下りるゲームを楽しそうにやっていた。

クレイニアムはやはり、人数が多すぎる(18人うち12人男子)ためか注意散漫、または逃避癖が出ているよう。
担任の先生が家族の病気で長期の休みを取り、副担任とサブの状態が続いたのもあるのかも。
やはり、あれだけ手間のかかる「健常児」達が多いと、一人一人に細かい手が行き届かない。
やはり、規模を大きくしすぎたのが裏目にでたか。

ジェニファーとのスピーチセラピーは毎回内容の濃いものになっている。
ヘイリーが集中してやっているそうで、毎回プログレスが見られる。
来学期はUCFのスピーチを復活させようか?
[PR]
by pixidust | 2010-11-02 13:47 | ヘイリー